一欅庵(いっきょあん)和の暮らし展

タグ:一欅庵*和の暮らし展 ( 8 ) タグの人気記事




【落雁と季節の会】お包みのカタチ

c0352863_14224714.jpeg

11/23〜25

【落雁と季節の会】

「仮名手本忠臣蔵の雪景色」落雁作りと和のお包み、お抹茶ワークショップ


c0352863_14245648.jpeg


ギッシリと薄い木箱に詰まった白い景色は、こんなお包みをしてお持ち帰り頂きます。


『誰かと包みを開く時、笑みこぼれる嬉しさ』


日本のお包みは、見目麗しく、目の前でさっと美しく開けられることが大切。

毎回そんな想いをふまえて、お包みの提案をしています。


白の世界。

今回は、ペタコ特製のカードも控えめに色を添えています。


今回お席の空き、まだあり〼!

25(土)は、あと1席です。


◆ 日時 ◆

11/23(木祝)〜25(土)

各日 14:00〜17:00(途中休憩あり)

6名さまずつ


3種の味、5種のカタチのオリジナル落雁を作る1時間、すぐにプレゼント出来る日本のお包みをする1時間、茶室でお抹茶と共に出来たてを楽しむ トータル3時間の会です。


◆ 場所 ◆

有形文化財古民家 一欅庵(いっきょあん)

東京都杉並区松庵 2-8-22

西荻窪駅 南口から徒歩8分


◆ 参加費 ◆

¥4300(型、材料、レシピ、お包み、お茶代込)


◆ 参加申し込み ◆

必要事項を明記の上、下記アドレスにお申し込み下さい。

loverakugan@gmail.com


【件名】落雁ワークショップ

【本文】

0・参加日(11/23木祝 or 11/24金 or 11/25土)

1・お名前

2・ご住所

3・当日連絡可能なお電話番号

4・メールアドレス

5・歌舞伎観劇経験の有無

6・茶道経験の有無


DMが御入用の方は、同じく上記アドレスに(お名前、ご住所)明記の上、ご連絡下さいませ。


公式Instagram : loverakugan


[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-11-15 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

【落雁と季節の会】落雁の茶会 のお知らせ

c0352863_21182559.jpeg

『落雁と季節の会』のワークショップは、「作る、包む、味わう」の3時間。
かねてより、3時間のワークショップは時間が長くて参加が難しい…そんな声も届いておりました。
というわけで、今回は「味わう」部分からのご参加が可能になりました!

c0352863_21222963.jpeg

茶会ですが、抹茶のお作法などは必要ありません。

c0352863_21273454.jpeg

先ずは、出来たての落雁の美味しさ、お抹茶を味わってください。
基本的な抹茶の楽しみ方はお伝えしながら、出来たての落雁のこと、カタチと味、歌舞伎のこと、11月の茶の正月のことなどを楽しんで頂く予定です。

c0352863_21262092.jpeg

1時間の抹茶の世界を、どうぞご一緒に。

【仮名手本忠臣蔵 雪景色】落雁の茶会 のお知らせ
◆ 日時 ◆
11/23(木祝)・24(金)・25(土)
各日 16:00〜17:00

◆ 場所 ◆
有形文化財古民家 一欅庵(いっきょあん)
東京都杉並区松庵 2-8-22
西荻窪駅 南口から徒歩8分

◆ 参加費 ◆
¥1000(予約優先)


◆ 参加申し込み ◆

必要事項を明記の上、下記アドレスにお申し込み下さい。

ご予約なしの当日参加も可能ですが、お席には限りがありますので、出来るだけご予約をお願いします。

loverakugan@gmail.com


【件名】落雁の茶会

【本文】

0・参加日(11/23木祝 or 11/24金 or 11/25土)

1・お名前

2・ご住所

3・当日連絡可能なお電話番号

4・メールアドレス

5・歌舞伎観劇経験の有無

6・茶道経験の有無


DMが御入用の方は、同じく上記アドレスに(お名前、ご住所)明記の上、ご連絡下さいませ。


公式Instagram : loverakugan

公式Facebook : https://m.facebook.com/LoveRakugan/


こちらもぜひ、ご覧ください!

blogに載せていない画素などもあります。



[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-11-13 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

【着物スタイリスト鳴海彩詠のきもの講座】簡単綺麗なストレスフリーな半衿つけと、歌舞伎からみる半衿コーディネート講座

c0352863_10205971.jpeg

秋から冬は、布を特に重ねたくなる季節。
ぽってりとした半衿、こっくりとした色味の半衿など、衿もとの布重ねもより楽しみたくなる季節です。

が!

「半衿つけが、苦手 (ノ_-;)ハア… 」

という声はよく聞きます。
あるポイント、コツを押さえれば、サクサクと縫えて、付け替えの際にもシュっと外せる。
針や糸の道具選びも大切です。
絡みにくい、針に通しやすい糸や、縫いやすい針。
ちょっとした針の進め方などなど。

c0352863_14292350.jpeg

今回は、そんな使いやすい「針と糸」はご用意しますので、付けたい襦袢と半衿を持ってきてご参加ください。
こんな針休めるの針山さんもご用意。

また、歌舞伎の衣装の半衿の部分に注目して、実際にコーディネートに取り入れる色半衿、柄半衿のコツをお伝えします。
なかなか白以外の半衿に挑戦出来ない方、白は好きだけど、なんだか肌がスッキリみえない…など、衿元まわりのコーディネートにお悩みの方は、ぜひ!
少人数でしっかりと、濃密にお伝えします。

更に今回は、半衿を作っている作家さんから耳寄りな情報!

半衿つけワークショップ用に、当日お買い上げの方は、10%off でお求めいただけるそうですよ。
対象ショップは、朱音屋・紅型縄チョウ・富士商会 の3店舗。
おひとり様一枚限り。

ぜひこの機会に、半衿マスターになってくださいね。

【着物スタイリスト鳴海彩詠のきもの講座】
簡単綺麗なストレスフリーな半衿つけと、歌舞伎からみる半衿コーディネート講座

日時:11/24(金)・25(土)11:30〜13:00 

会費:3500円(ストレスフリーの針と糸セット付き)(要予約)

持物:半衿(当日購入出来ます)、襦袢(半襦袢 、うそつき襦袢可)、差し込みの衿芯


11/4 11:11〜 受付開始

loverakugan@gmail.com

上記アドレスへ必要事項を明記の上、お申し込み下さい。




【件名】きもの講座

【本文】

0・参加日(11/24金 or 11/25土)

1・お名前

2・ご住所

3・当日連絡可能なお電話番号

4・メールアドレス

5・歌舞伎観劇経験の有無

6・半衿について知りたいことなどありましたら、ご記入ください


[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-11-01 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

【落雁と季節の会】「仮名手本忠臣蔵の雪景色」落雁作りと和のお包み、お抹茶ワークショップ

c0352863_23124414.jpeg
c0352863_23114886.jpeg

【仮名手本忠臣蔵の雪景色】


11月の「落雁とお包み、お抹茶ワークショップ 」は、今年のテーマ・歌舞伎、秋冬に取り上げるモチイフ「仮名手本忠臣蔵」の世界を作ります。


雪輪に桜、雪輪にイノシシ、盃、多幸、雪珠…


これらのカタチが、忠臣蔵とどのような関わりがあるかは、当日ゆっくりとお話しますが、暮れからお正月、ちょっとした手土産にも使いやすい、カタチを作ります。


3種の白は、キラリと光る新レシピのプレーン・塩・日本酒。

オトナのお茶菓子にぴったりな味の変化、食感の変化も楽しめるラインナップです。


c0352863_23193103.jpeg


お包みは、薄い木箱にギッシリと詰める雪景色。
開けた時に、ワッと歓声が上がるこの季節のお持たせにピッタリに、見目麗しく箱詰めします。
お年玉、おひねり…ちょっとお渡しするにも可愛いカタチにも仕上げます。

【落雁と季節の会】
「仮名手本忠臣蔵の雪景色」落雁作りと和のお包み、お抹茶ワークショップ


◆ 日時 ◆

11/23(木祝)〜25(土)

各日 14:00〜17:00(途中休憩あり)6名さまずつ


3種の味、5種のカタチのオリジナル落雁を作る1時間、すぐにプレゼント出来る日本のお包みをする1時間、茶室でお抹茶と共に出来たてを楽しむ トータル3時間の会です。


◆ 場所 ◆
有形文化財古民家 一欅庵(いっきょあん)
東京都杉並区松庵 2-8-22
西荻窪駅 南口から徒歩8分


◆ 参加費 ◆

¥4300(型、材料、レシピ、お包み、お茶代込)


◆ 参加申し込み ◆

11/4 11:11〜 申込受付開始

必要事項を明記の上、下記アドレスにお申し込み下さい。

loverakugan@gmail.com


【件名】落雁ワークショップ

【本文】

0・参加日(11/23木祝 or 11/24金 or 11/25土)

1・お名前

2・ご住所

3・当日連絡可能なお電話番号

4・メールアドレス

5・歌舞伎観劇経験の有無

6・茶道経験の有無


DMが御入用の方は、同じく上記アドレスに(お名前、ご住所)明記の上、ご連絡下さいませ。


公式Instagram : loverakugan

公式Facebook : https://m.facebook.com/LoveRakugan/


こちらもぜひ、ご覧ください!

blogに載せていない画素などもあります。


[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-11-01 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

【歌舞伎特別講座】歌舞伎へのいざない 〜大向こう佐藤光生氏に聞くこうして楽しもう芝居見物!

c0352863_11571144.jpeg

今年のテーマは、歌舞伎。
そして、これからの季節は観劇の密度も濃くなる時期。
今一度、「歌舞伎の楽しみ方」を深めてみませんか?

これから「歌舞伎、観てみたい!」という方にも、どんな演目があり、何から観ると分かりやすいか、芝居を楽しむちょっとしたコツなどを予め知っておくと、より劇場へ向かう足も軽やかになります^^

c0352863_11565170.jpeg

春夏の回では、少しマニアックに歌舞伎を一度は観たことある人ならおなじみの「中村屋!」「播磨屋!」と芝居の良きタイミングに合わせて声を掛ける「大向こう」について、現役大向こうの佐藤光生氏に色々と語って頂きました。
そんな様子を遠巻きに、「まだ観たことないけど、歌舞伎気になる!」という方々もいらっしゃったので、今回は同じく、現役大向こうの佐藤光生氏をお迎えして色々と「芝居の楽しみ方」をお聞きしたいと思っています。

聞き手は、佐藤氏を芝居見物における師匠と呼ばせて頂いてます、私、歌舞伎好きの着物スタイリスト鳴海彩詠。
芝居見物後、演目内の疑問や感想、役者のことなどを師匠にぶつけて色々と教わっておりますので、そんな芝居にまつわるアレヤコレヤを、今回はご一緒にワイワイと楽しんで知って頂ければと思います。

観たことある方は、今までの疑問などもぶつけて頂いて、これから観てみたい!と思ってる方は、ぜひ芝居見物の入口を知って頂ければと思います。

年末から年明けに多くの劇場で歌舞伎がかかります。
それらの演目や取るお席などの劇場情報、周辺の美味しいこと、何を着て行こうか着物情報、裏話などなど。
小難しいことは一切なく、ただただ芝居を楽しむ為のポイントを多方面に渡ってお聞きします!

ぜひぜひ、ご参加くださいませ。

【歌舞伎特別講座】
歌舞伎へのいざない 〜大向こう佐藤光生氏に聞くこうして楽しもう芝居見物!

日時:11/23(木祝)11:30〜13:00

会費:2500円 (お茶菓子付き)

話し手:佐藤光生 氏(歌舞伎大向弥生会会員)

聞き手:鳴海彩詠(着物スタイリスト)

定員:12名(要予約)


11/4 11:11〜より受付開始

下記アドレスへ、必要事項を明記の上、お申し込み下さい。

 loverakugan@gmail.com


【件名】「歌舞伎特別講座」

【本文】

1・御名前(ふりがな)

2・御住所

3・当日連絡可能なお電話番号

4・メールアドレス


当日のお集まりの方に合わせてお話内容を調整しますので、下記アンケートをお願いします。


5・歌舞伎を観たことはありますか?

6・観たことがある方は、どれくらいの頻度で観られますか?

7・観劇マナーなど歌舞伎見物について知りたい、お聞きしたいことがありましたら、お書き下さい。


DMが御入用の方は、上記アドレスに(お名前、ご住所)をご連絡下さいませ。


【話し手】

c0352863_12263302.png


佐藤光生(さとうてるお)

明治座アートクリエイト

活動のかたわら、美しい日本語、とりわけ、江戸から昭和にかけて使われていた江戸ことばを「粋(いき)ことば」として伝承することを目指して友人たちが立ち上げた「なごみ会」を主宰、「なごみ座」「粋ことば塾」などの自主活動を続けている。

好きな役者:島田正吾、十七代目中村勘三郎、十五代目片岡仁左衛門

(社)義太夫協会賛助会員、歌舞伎大向弥生会会員


【聞き手】

c0352863_12285854.jpeg


鳴海彩詠(なるみさえ)

着物スタイリスト、落雁と季節の会 

着物が日常着だった祖母の影響で、美味しい和菓子と抹茶、着物に魅了されて、着物の着付をベースとし日常に使える和の事をお伝えする「和の寺子屋*榮堂」を自宅でゆるゆると営み中。




[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-10-31 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

11/23〜25 「一欅庵*和の暮らし展」秋冬 リーフレットが出来上がります!

c0352863_00061174.jpg



[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-09-30 11:11 | お知らせ | Comments(0)

富士商会の商品をご紹介します。

c0352863_14143735.jpg



いよいよ今週末は一欅庵*和の暮らし展ですね。
今年は3日間の開催、今まで時間が取れなかった~と
言うかたも是非、一欅庵に足をお運びいただけると嬉しいです。
歌舞伎にちなんだ半衿、と言うことで、
歌舞伎舞台によく見かける花輪紋を
アレンジしてみました。
これは藤の花です。他には梅や桜などいろいろありますね。
もし製作に間に合ったらお持ちします。
半衿以外には日傘の注文もお受けしますし、
真田紐三分平紐の新色もお持ちします。
5本セットで2000円とお得♪
c0352863_14152381.jpg
c0352863_14165460.jpg
重ねつけもオススメの真田紐は愛用者が増えていますよ。
富士商会は一欅庵の1階、神棚が飾ってある
和室のところです。
そうそう、今回は野庵さんが今まで落雁
ワークショップで使っていた1階奥の和室です。
野庵さんのお着物に合わせてその場で
半衿を撰んでいただくのも楽しいですよ♪
では一欅庵でお会いしましょう。
よろしくお願いいたします。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-05-21 14:17 | 参加作家 | Comments(0)

【一閑張り】徳永幸代

c0352863_17471693.jpeg

一閑張りのバッグは丈夫で軽くてどんどん物が入る。
使いやすく、物が探しやすい。
形が変わりやすい物や壊れやすい物などデリケートな物を入れても安心して運ぶことが出来ます。

c0352863_17482039.jpeg

徳永さんのこだわりは随所にあって、カゴを編むところから始まります。
古布を貼ったりイラストを添えたり。
思いがけないところにちょこっと添えられた絵には
ユーモアやかわいらしさが溢れています.

c0352863_20463007.jpg

写真はDMの為に新たに徳永さんが製作した一閑張りのバッグです。
歌舞伎の演目に関係のある古布を使い、イラストを添えています。
歌舞伎観劇の時に持って行ったら楽しさが倍増しそう♪

膝の上に置いて、双眼鏡やイヤホンガイドなどサッと取り出せるのも嬉しい。
一欅庵*和の暮らし展でぜひ実物をご覧下さい。
綿の入った太めの持ち手は柔らか、でも物を入れて重くなったバッグをしっかりとささえます。
そしてバッグを持ったときに、思いのほか軽いことに驚かれると思います。



c0352863_20463007.jpg

[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-05-13 21:03 | 参加作家 | Comments(0)

西荻窪の有形文化財の建物 一欅庵(いっきょあん)にて、春夏秋冬、和の暮らし、手仕事を伝える【一欅庵 和の暮らし展】の公式blogです。
by wa-no-kurashi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

「11/24 きもの講座..
by wa-no-kurashi at 10:23

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル