一欅庵(いっきょあん)和の暮らし展

<   2016年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧




御伽草子 『団子浄土』

c0352863_10120278.jpeg

今年の「一欅庵和の暮らし展」では、〜御伽草子の玉手箱〜と題して、色んな土地に埋もれている素敵な御伽草子を取り上げて、そこから、季節の楽しみを表現しています。
今回も春に引き続き「日本伝承民族童話全集」から新潟のお話をピックアップしました。
ちょうど、秋から冬にぴったりだと感じたお話。
ほのぼのとしつつ、奥深い世界観が詰め込まれていると感じる内容です。
言葉遣いもなんだか和む文章。

どうぞお楽しみ下さい。
今回は、こちらのお話の朗読会も開催です。

「団子浄土」

むかし、むかし、きょうも、おじいさんは、いつものとおり、山へ柴刈に出かけます。

「では、おばあさん、いってきますぞ。」
「はい、おじいさん、今日は、地蔵さまの縁日で、よいお日和ですから、おそなえの団子をつくったら、山へもってってあげますぞ。」
「そうかいな。」

山でおじいさんが、昼やすみしているところへ、おばあさんは、大きな団子を三つ持って、山をのぼってきました。
みると、おじいさんのいる山は、その山ではなくて、谷のむこうの山で、いっぷくしておりますので、おばあさんは、

「おじいさァ、団子もってきたけどなァ、谷が渡られないが、団子どうしよう。」

と、大ごえで、ききました。
すると、おじいさんは、立ちあがって、

「団子投げれえ。」

といいました。
それで、おばあさんが、

「そら、投げるでえ。」

と、いって大きな団子を、グーンと一つ投げました。
でも、その団子は、おじいさんのところまで、とどかないで、山のへりを、ころころころ、ポトーンと、そこん穴ン中へ、おちこんでしまいました。
おじいさんは、それを見て、

「もっと力出して投げれえ。」

といいました。
それで、おばあさんは、力ァだして、二つ目の団子を、

「そら投げるでえ。」

と、グ、グーンとひょうしをつけて投げましたが、まだ、おじいさんのところまでとどかないで、ころころころころ、山のへりをころんで、ポトーンと、これも、穴ン中へ、おちこんでしまいました。
おじいさんは、手をあげて、

「おばあさんやァ、もう一息だ、うんと力ァだして、むだンせんよう、投げれえ。」

と、ちゅういしました。
すると、おばあさんも、手をあげて、それにこたえ、

「もう、これきれだでえ、ほうれ。」

と、こんどこそ力いっぱい、グ、グ、グ、グーンと投げたれば、しまいの団子は、やっと、谷を越して、おじいさんのそばの木の株に、引っかかりました。

おじいさんは、まだ、やわらかいその団子を、むしゃむしゃたべましたが、あんまり、うまかったので、かえりがけに、団子のころげ落ちた穴ン中をのそいてみました。

ところが、こんどは、おじいさんが、ズラズラズラズラッとすべって、たちまちポトーンと、中へ落ちこんでしました。
さいわいに、けがもせずに、おっこちた穴ン中を、みわたしますと、そこに、地蔵さまが立っていらしって、

「これ、じじ、おまえ、なにしに来たや。」

と、とがめました。

「はい、ここへ、おばあさんが、ころころ団子を投げおとしたようなので、のぞきこんで、ズラズラすべりおちました。ここへ、団子が落ちてはきませんでしたか、お地蔵さま。」

と、いいますと、

「おお、ころんできたけど、一つは、おれが拾うて食うてしもうた。」

と、お地蔵さんがいわれました。

「では、もう一つは。」

と、おじいさんがききますと、

「一つは、ここん小鬼共がひろうてな、こん夜、黄金の臼に入れ、銀の杵でついてしまうというてたぞ。」

と、お地蔵さまがおしえてくれました。

「では、それえ、かえしてもらわにゃァならん。」

と、おじいさんが、いいますと、

「だら、はようせにゃ間にあわん、まず、おれの膝の上に上れや。」

と、お地蔵さまが、もうされます。

「こりゃァ、もったいない、どうして、お地蔵さまの膝の上に上れましょうば。」
「まあ、いいから、上れ、上れ。」

それで、おじいさんが、お地蔵さまの膝の上に上りますと、お地蔵さまは、

「膝あ上ったら、そこを足場にして、肩の上へ上れ。」

と、お地蔵さまが、もうされます。

「こりゃァ、ずっともったいない、どうして、お地蔵さまの肩の上に上れましょうば。」
「まあ、いいから、上れ、上れ。」

それで、おじいさんが、お地蔵さまの肩の上に上りますと、お地蔵さまは、こんどは、

「肩の上さ上ったら、もう一息、頭の上へ上れ。」

と、お地蔵さまが、もうされました。

「もったい至極もない、どうして、お地蔵さまの頭の上へなんか、上られましょうば。」
「まあ、いいから、上れ、上れ。」

おじいさんが、お地蔵さまの頭の上に上りますと、そこはほんとうに、いい居ごこちのするところで、まるで、極楽浄土にきているような気持です。

「もっていないけど、なんと、ここは、けっこうな居ごこちのよいところで、ござりましょう。」

と、おじいさんがいいますと、

「そこは、みほとけのてっぺんじゃ、おちて小鬼の臼につかれぬがよいぞ。やがて、小鬼どもがやってきたら、折を見て、鶏の鳴くまねをし、団子をとりかえすがよい。」

はなしてるところへ、小鬼どもは、

黄金の臼に
銀の杵
これでつきゃ
団子浄土
  小鬼の世盛り
  チャンカチャンカ チャンカチャンカ。

と、うたいながら、やってきて、とりだした黄金の臼と銀の杵、ていねいにささげた団子をとりだして、チャンカチャンカ、鬼共は、団子を搗きにかかりました。
じぶんはよしと、おじいさんが、

「ケ、ケッコウ、ケ、ケッコウ。」

と、鶏のまねをして、東天紅を鳴きだしましたら、鬼どもは、

「さあ大変。」
「もう夜が明けたそうな。」

と、黄金の臼も、銀の杵も、団子も、なにも、ほっちゃらかして、逃げていってしまいました。
あとで、おじいさんが、団子をとりだしてみたら、団子も黄金にかわっていましたとさ。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-31 11:11 | お知らせ | Comments(0)

【こうのゆみワークショップ】絹糸本格・手組みの羽織紐作り

c0352863_12211625.jpeg

《絹糸本格・手組みの羽織紐作り》

組紐ディスクを使い、絹糸2色で本格羽織紐を組みます。
5日前までにご予約頂けた場合、赤系・青系など出来る限りお色の相談承ります。
やっぱり、欲しい色がいいですもんね!
何度かご参加下さった方でディスクをお持ちの方は、お忘れなく!

仕上げはその場で私がするつもりですが、お時間などの都合で持ち帰る場合もございます。
その場合、少し送料がかかってしまいますがご了承ください。

両日とも 11:00〜随時
2時間程度(飛び込みオッケー)
4500円
お申込み kumihimokinuito@gmail.com
11/9 11:11〜 受付開始です

c0352863_12264450.jpeg

羽織紐、活用法⁇

クルクル結んで帯飾りにも‼️
可愛いですよ。
ワークショップに参加して、ひとつはプレゼントにしても喜ばれると思います。
着物を着られない方も、手軽に日本の組紐の技に触れられ、ストラップにも使うことが出来ます。

絹の輝き、すべすべの糸にぜひ触れてみてください。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-30 12:20 | ワークショップ | Comments(0)

【うずまき堂ワークショップ】色・香りを選べる贅沢クリーム

うずまき堂のワークショップ
【色・香りを選べる贅沢クリーム】

乾燥の季節、カチコチかかともスベスベ、フカフカ!
もちろん全身にお使いいただける贅沢万能クリーム作りをお楽しみにください。

色は紫、緑、黄色の3色。
色で選ぶもよし、植物の作用で選ぶもよし。
じっくり漬込んだハーブの有効性分たっぷりのオイルを3種類ご用意しますので、お好きな材料を1つ選んで、お好みのクリームをお作りいただけます。
香りも天然精油の中からお好きなものをお選びください。

13:30から随時開催しますので、お買い物のや他のワークショップの間にちょっと参加も可能です。所用時間は20分程度。

c0352863_12140499.jpeg

画像は材料となるハーブの浸出油を準備しているところです。クリーム作りを通して植物やお日様のチカラを感じてみませんか。

・開催日:11月19・20日
・時間:13:30〜随時
・場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)
   東京都杉並区松庵2-8-22
(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)
・会費:3500円
予約優先ですが、材料があれば飛び込みOK

11/9 11:11〜 受付開始です。
参加のお申込みは下記必要事項を明記の上、
info@uzumakido.jp までお願いいたします。
1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・当日連絡可能なお電話番号
4・連絡先メールアドレス

ご参加、お待ちしております!

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-29 12:11 | ワークショップ | Comments(0)

【落雁と季節の会 ワークショップ】御伽草子の玉手箱〜団子浄土

c0352863_22002885.jpeg

秋冬の御伽草子は、新潟に眠るお話。
「団子浄土」というお地蔵さんや小鬼、来年の干支でもあるニワトリなどが出てくる、ほんわかとして日本語が美しくお目出度いお話。

『落雁と季節の会』のワークショップでは、そんなお話に因んだカタチと味をお楽しみ頂きます!

c0352863_22023582.jpeg

a0254466_23562641.jpg


春夏に引き続き、秋冬の「一欅庵 和の暮らし展」がいよいよ来月に迫って参りました!
DMもそろそろ出来上がり、ワークショップのお知らせです。

a0254466_23562717.jpg


秋冬の御伽草子は、新潟に眠るお話。
「団子浄土」というお地蔵さんや小鬼、来年の干支でもあるニワトリなどが出てくる、ほんわかとして日本語が美しくお目出度いお話。
今回はそんなお話に因んだカタチと味をお楽しみ頂きます!

a0254466_00190312.jpg


薄い赤色の基本の プレーン(もち米)
ほぼ白に近い ほんのりオレンジ色の 蜜柑
小豆好きにはたまらない 餡子

今回も秋から冬に食べたくなる3種のお味を楽しんで頂きます。

オリジナルのカタチと味で落雁を作る一時間
テーマに合わせた和のお包みをする一時間
茶室でお抹茶と共に出来たてを味わう一時間

秋のひととき、和の暮らしに浸るワークショップ。
ご参加をお待ちしております!

c0352863_22054567.jpeg

【落雁と季節の会】
秋冬のワークショップ 〜団子浄土〜

・日 :11/19(土)
11/20(日)
・時間:13:30〜16:30(途中10分ほど休憩あり)
前回より30分早く始まります!
・場所:西荻窪 一欅庵(いっきょあん)
    東京都杉並区松庵2-8-22(JR西荻窪駅南口 徒歩8分)
・定員:各日12名ずつ
・会費:4300円(テキスト、型、材料、お包み、お茶代込)
・持物:お手拭き、筆記用具

今回も作る、包む、味わう3時間の中で、より多くのことを感じ、楽しみ、持ち帰って頂き、より沢山の方に伝え、分かち合うことが出来ますように。

会場は畳の和室ですが、床座りが出来ない方の為に、座椅子の用意も少しございます。
茶室でも足を崩して頂けますので、どうぞお気軽にご参加下さいませ。
また、堅苦しい会ではありませんので、お洋服のお楽な装いでいらしてください。
お着物を着られる方は、着る機会としてどうぞ思い思いのコーディネートでいらしてください。

11月の落雁ワークショップは、11/9(水)11:11〜より受付開始致します。
先着順にて受付致します。
下記必要事項を明記の上、
loverakugan@gmail.com までお申し込み下さいませ。

件名「落雁ワークショップ」
↑今回は、他のワークショップの受付も同じアドレスでありますので、必ず件名に「落雁」と明記下さいますようお願い致します。
1・参加希望日(11/19土 or 11/20日)
2・お名前(ふりがな)
3・ご住所
4・当日連絡可能なお電話番号
5・連絡先メールアドレス
6・年齢

申し訳ありませんが、男性の方は女性の方とご一緒にご参加下さいませ。

ご一緒に参加の方がいらっしゃる場合もまとめてお申込み出来ますが、必要事項は人数分明記の上、お願い致します。

申し込みメールが届きましたら、確認メールをお送り致します。
当日の進行をスムーズにする為、参加費をそのメールに記載されております振込先にお願い致しております。
振込完了メールをもって、正式なお申し込みとさせて頂いております。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-28 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

【こうのゆみ】DM写真より

c0352863_22211579.jpeg

組紐のこうのゆみさんは、裏表の帯締の柄の違いを上手に撮影してました。

c0352863_22213168.jpeg

あれかこれか、迷って決めたのが

c0352863_22222230.jpeg

直線的に配置した写真です。

c0352863_22223652.jpeg

春夏の会のブルーの帯締もステキでしたが、今回も秋冬らしい渋い帯締めです♪

そしてワークショップもオススメですよ。
こうのゆみさんの指導で楽しく手仕事♪♪
艶艶な絹糸で、本格的な羽織紐作りませんか?
なかなかないチャンスです。
ぜひこの機会にトライして下さい。

詳細は、後日掲載されます。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-27 22:20 | 参加作家 | Comments(0)

【うずまき堂】DM写真より

「和の暮らし展」では毎回核となるテーマを決め、DMを作るための作品を参加者に製作してもらいます。
かなりタイトなスケジュールです。
印刷や配布を考えると締め切りはどうしてもイベントの1ヶ月以上前。
今回もギリギリセーフ!(^^)

DMでは一部のご紹介でしたので、ゆっくりと紹介していきます。

c0352863_22104148.jpeg

まずは、うずまき堂さん。
ニワトリのソープがステキです。
写真の撮り方も凝っています!

c0352863_22123244.jpeg

このニワトリ、石けん1個1個に描いているそうです!
なので、羽根の具合などとても繊細。

来年の干支は、酉。
暫し飾っておいても素敵です☆
その時には、家の中心や玄関に置くと福が舞い込んできます!

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-26 22:09 | 参加作家 | Comments(0)

【うずまき堂&落雁と季節の会 ワークショップ】御伽草子と美味しい秋から冬への和の暮らし

うずまき堂 & 落雁と季節の会
『御伽草子と美味しい秋から冬への和の暮らし』

日時 : 11/19(土)11:30〜12:30 (残3)
11/20(日)11:30〜12:30
場所 : 一欅庵 茶室
定員 : 各日 10名様(要予約、空きがあれば当日参加ok)
会費 : 2000円(お土産付き)

11/9 11:11〜 下記アドレスに必要事項を明記の上、お申し込み下さい。
loverakugan@gmail.com
件名「秋から冬への和の暮らしワークショップ」
(同じアドレスで他のワークショップの申し込みも受付ますので、必ず件名に明記をお願いします)
1・希望日:11/19 or 11/20
2・お名前(ふりがな)
3・連絡先アドレス
4・当日連絡可能な電話番号

○ △ □

今回の御伽草子は、新潟に伝わるお話「団子浄土」
どんなお話だと想像するでしょうか?
お話の詳しい中身は追い追いご紹介していきますが、このお話にはたくさんのキーワードが出てきます。

団子、浄土、お地蔵さま、鬼、おじいさん、おばあさん、ニワトリ、杵、臼、黄金…

地に伝わるお話には、色々な昔からの生活のことが盛り込まれています。
そして、その紡がれるお話の言葉の優しく、美しく、心地よいこと。
自分で読んでももちろん理解は出来ますし、想像も出来ます。
でも、朗読を聞くと、自分で読んだ時よりも深くその世界に入っていけるような気がします。
この晩秋、美しい昔のお話を聞き、暫しその世界に浸ってみませんか?

美しい言葉、情景浮かぶ朗読は、声のプロであり、美しい和を作り出す 『うずまき堂』 鈴木万由香。
「和の暮らし展」では香りよく、肌に心地よい石けんやスキンケアを紹介してくれますが、元々のお仕事は、ラジオなどのDJやCMなどのナレーションなど、耳からの情報を伝えるプロなのです。

今年「御伽草子の玉手箱」として、メジャーではなく、まだ知られていない土地に伝わる御伽草子を掘り起こして、そこから「和の暮らし」を伝えることに挑戦してきました。
なかなか手にとって読んでもらう、展示で知ってもらうことは限られてきますので、キチンとお話を聞き、そこから読み取れる昔からの和の暮らしの一端を深めてお伝えしたいと、春以降考えてきました。
今回、お話と時期がとてもうまく重なり、声のプロの朗読と、そこから読み取れる日本の暮らし、繋げていきたいことを交えて、『うずまき堂』万由香 &『落雁と季節の会』彩詠 がお伝えしたいと思っています。

c0352863_12105432.jpeg

今回は、お団子がキーワードになっています。
お団子は、うるち米やもち米から作るもの。
新米の収穫も最盛期を迎え、新嘗祭をすぐに控えた和の暮らし展の二日間。
少し早いですが、新米のおむすびを振る舞います。

おむすび のカタチは、どんなカタチでしょうか?
○ △ □ ?

何かを表現する時に、○ △ □ はシンプルな基本のカタチとして存在しています。
実はこの ○ △ □ には昔からとても大きな意味も含まれています。
そんなことを紐解きながら、秋から冬の和の暮らし事
・日々の暮らしの基本であるお米のこと
・おむすび と おにぎり のこと
・美味しく食べるお供と技
などをご一緒に楽しみたいと思います。

c0352863_12363430.jpeg

美味しいご飯には、美味しいお茶も。
11月はお茶の世界でも大切な月。
茶室の中では炉が開き、赤々とした炭の景色も味わえます。
炉で茶を炒り、お湯を沸かし、茶を淹れる。
そんないつもの日常からはちょっと離れた 和の暮らし ならではのひと時も楽しんで頂けたらと思います。

「和の暮らし展」では、五感で感じる 和の暮らし を大切にしています。
うわべ だけではなく、昔からの基本を今一度知り、体感してお持ち帰り頂きたいと思っています。

c0352863_13053947.jpeg

茶室から眺める一欅庵のお庭も 春とはまた違った風景のはず。
ゆっくりとどっぷりと一時間、日本の音と香り、味などに浸って下さい。
お待ちしております。


[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-25 11:11 | ワークショップ | Comments(0)

11/19・20 一欅庵 和の暮らし展 〜 御伽草子の玉手箱〜 団子浄土

c0352863_10280663.jpeg

いつまでも暑さ残る今年ですが、ようやく秋の空気が日によっては感じることが出来るようになりました!

お待たせ致しました!
2016年 秋冬 の 『一欅庵 和の暮らし展』のご案内です。

この秋も〜御伽草子の玉手箱〜と題して、眠っていた御伽草子を紐解き、遊ぶ二日間です。
今回は「団子浄土」という御伽草子。
新潟のお話ですが、何処かで聞いたことあるような、ないような…。
秋から冬にかけてほっこりと言葉美しいお話。
お話はゆるゆるとご紹介していきます。
が!今回はその御伽草子の朗読を味わい、秋から冬への和の暮らしに纏わることをお伝えする会も開催。
作家の新作と共に、気持ちの良い季節の古民家 一欅庵(いっきょあん)での二日間をどうぞお楽しみに下さい!

c0352863_10413067.jpeg

一欅庵 和の暮らし展
〜御伽草子の玉手箱〜 団子浄土

日時:2016年11月19日(土)11:00〜19:00
11月20日(日)11:00〜18:00
場所:有形文化財 古民家 一欅庵(いっきょあん)
東京都杉並区松庵2-8-22
(西荻窪駅 南口から徒歩8分)

▼参加作家
・アトリエNOBU(彫金)
・石川桐子(柄足袋とステーショナリー)
・一條朋子(ガラス)
・うずまき堂(和の石けん)

・こうのゆみ(組紐)

・洒落水引(水引)

・徳永幸代(一閑張り)

・BISOU(自然素材のアクセサリー)

→ 11/19・20両日の出展となりました

・野庵(着物と和の小物) 

・和キッチュ(ベトナム手刺繍)&富士商会(ぺたこの和小物)

・落雁と季節の会(落雁、お包み、お抹茶ワークショップ)


▼ワークショップ

(両日とも開催、申込受付はそれぞれへ 11/9 11:11〜


・御伽草子と美味しい秋から冬への和の暮らし

(うずまき堂&落雁と季節の会)

鈴木万由香による御伽草子「団子浄土」の朗読と和の暮らしの話、新米おむすびとお茶のふるまい

11:30〜12:30(2000円 お土産付き)各10名

要予約、当日空席があれば参加可能

loverakugan@gmail.com


・色、香りを選べる贅沢フットクリーム

「うずまき堂20分ワークショップ」

13:30〜随時 (3500円)予約優先、飛び込み参加ok

info@uzumakido.jp


・色を選んで、絹糸本格❤︎手組の羽織紐作り

「こうのゆみ:約2時間ワークショップ」

11:00〜随時(4500円)予約優先、飛び込み参加ok

kumihimokinuito@gmail.com


・秋の御伽草子の落雁を作り、お包みとお抹茶を味わう

(落雁と季節の会:秋の落雁ワークショップ)

13:30〜16:30 (4300円)各12名

要予約、当日空席があれば参加可能

loverakugan@gmail.com


c0352863_10414550.jpeg


DM は、10/15ぐらいより発送となります。

DMをご希望の方は、下記アドレスに、

お名前、ご住所 をご連絡下さいませ。

loverakugan@gmail.com

秋から冬へ。
新年のお支度を含めて、各作家の御伽草子に纏わる新作が並びます。
今回のお話「団子浄土」も秋から新年に向けてのぴったりなお話。
どうぞ一緒にほっこりとしてくださいね。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-10-07 11:11 | お知らせ | Comments(0)

西荻窪の有形文化財の建物 一欅庵(いっきょあん)にて、春夏秋冬、和の暮らし、手仕事を伝える【一欅庵 和の暮らし展】の公式blogです。
by wa-no-kurashi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

「11/24 きもの講座..
by wa-no-kurashi at 10:23

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル