一欅庵(いっきょあん)和の暮らし展

カテゴリ:ご報告( 10 )




2017年の春夏、終了しました!秋冬もどうぞお楽しみに☆

c0352863_10415983.jpg

一欅庵のお庭の緑もイキイキとした5月。
今年の春夏の会を無事にお開き致しました。
お運び頂きました皆様、ご興味持ってくださった皆様、ありがとうございました!

c0352863_20372507.jpg

今年のテーマは、今何かと人気の歌舞伎。
庶民の娯楽、その時代を映した最先端でもあった歌舞伎の世界を今一度振り返り、楽しんでみよう!という趣向です。

c0352863_20374773.jpg

見巧者でもある 現役の大向こう 佐藤光生氏による歌舞伎講座も開催。
超マニアック講座になりましたので、秋冬はもっとこれから歌舞伎を観てみたい!初心者入門編を考えております^^
なんだか敷居が高く、高尚なイメージを持たれがちな歌舞伎ですが、そもそも歌舞伎とは、からはじまり、何処から観たらよいのか、一度触れてしまえば実は気楽に観ることも可能なことなど、もっと知って頂きたい、と思ったいます!

c0352863_20511470.jpg

歌舞伎のモチーフや色使いなどを、

c0352863_20450805.jpg

各々の手仕事に取り入れて表現。

c0352863_20461582.jpg

好きな役者の紋などを自分のコーデに取り入れるべく、オーダーも可能。

c0352863_20521370.jpg

お誂えのご相談や

c0352863_20524171.jpg

手仕事の妙などをゆっくりと聞き、知ることが出来るのが、この「一欅庵 和の暮らし展」ならでは、です。

c0352863_20535954.jpg

久しぶりに会うお客様や

c0352863_20550048.jpg

仲間との楽しいおしゃべり。

c0352863_20543781.jpg

人気のワークショップでは、黙々と。

c0352863_20553543.jpg

実際に手を動かすことで、繊細な手仕事の技をより感じることが出来ます。

c0352863_20563227.jpg

春夏は、歌舞伎のなかでも人気の演目「義経千本桜」を取り上げました。

c0352863_20581098.jpg

桜や狐などは、人気のモチーフ。
落雁と季節の会 のワークショップでも、幕の内弁当的な詰め合わせを作りました。

c0352863_20592465.jpg

落雁ワークショップの最後のお茶席も、障子を開けて庭を望みながらのひと時は好評でした。

c0352863_21003766.jpg

歌舞伎から派生した半幅帯結びと歌舞伎的コーディネート講座も楽しんで頂きました。
講座に参加して頂いた方々と、初めての歌舞伎座観劇も7月と9月に開催予定。
歌舞伎を知る、一つとキッカケとなり得たこと、お役に立てたこと嬉しく^^
秋冬は、もっとハードルを下げた講座も予定しています!

c0352863_21040333.jpg

新しい仲間も増えて、4年目の「一欅庵 和の暮らし展」も充実してきています。
秋冬には、また一人、新しい作家が仲間に加わる予定です。

c0352863_21163459.jpg

一欅庵 という建物自体が手仕事の集結、和の暮らし。

c0352863_21175334.jpg

刻々と変わる日の差し込みも美しい 大きな欅のある建物で、この秋と冬もお待ちしております。

11/23(木祝)24(金)25(土)

9月辺りから、秋冬のお知らせを開始します。
DMも出来次第送付致しますので、御希望の方は下記アドレスへ 「DM希望」としてご連絡下さいませ。



[PR]



by wa-no-kurashi | 2017-05-26 10:39 | ご報告 | Comments(0)

〜御伽草子の玉手箱〜 団子浄土 のご報告 1

c0352863_10281363.jpeg

一欅庵のシンボルツリー 大きな欅の木も色づいた11/19・20、今年の秋冬の展を開催しました。
初日は生憎の雨にもかかわらず、open前から並んで頂けたり、楽しみにして下さる方が多くいらっしゃること、とても嬉しく^^
着物繋がりから始まってはいますが、三年目を迎えて徐々に「和が好き、和が知りたい」と感じてらっしゃる方へ届いているのを感じています。

先ずは、ワークショップのあたりからご紹介を。

c0352863_15424301.jpeg

今回は新しい試みとして、テーマとなっている御伽草子「団子浄土」の朗読会と、そこから読み取れる和の暮らしの数々についてお話ししながら、五感で秋から冬を感じて知って頂く会を催しました。

c0352863_15365461.jpeg

団子を解いていくと、お米になります。
お話に出てくるお団子も、お地蔵さまへのお供え物。
ちょうど新嘗祭を控えた時期でしたので、少し早めに新米のおむすびをご用意しました。
滋賀県の琵琶湖近くで無農薬でお米を作っている百菜劇場 さんから分けて頂いたもの。
昔は作る人と食べる人がとても密接で、自然の様子を伺いながら、お米も野菜も作っていました。
作る人をみていれば、そこに掛かる手間や労力や愛情を身近に感じます。
でも今は作る人と食べる人の距離が離れてしまっているので、食べるものに感謝と慈愛の念もどことなく薄れてしまっているように感じます。
そんなことを今一度感じて見直すキッカケになれば…と思い、ご紹介しました。

c0352863_15552295.jpeg

ペットボトルで簡単に何気なく飲めるお茶も、先ずはお湯が沸いていないと淹れることは出来ません。
火があるからこそ、出来ること。

c0352863_15564296.jpeg

お茶も淹れ方によって味が変わります。
今回は滋賀の無農薬お茶を先ずはそのままお淹れして、後から炭の火のチカラを借りて、焙烙で焙じて、ほうじ茶としてお出ししました。
同じお茶っ葉でも少しの手間で風味が変わる。
そんなことも今一度楽しんで頂けたらと。
少しずつ茶葉に火が通ると、なんともいえない香ばしい香りが漂います。
お茶屋の前を通ると深呼吸していっぱい吸い込みたくなるあの香り。
茶室にいっぱい広がりました。
一欅庵ならではの、あの場所ならではで出来るカタチ、来年も引き続き行っていきたいと思っています。

・滋賀の無農薬米:百菜劇場
・滋賀の無農薬茶:朝宮 秋冬番茶

この「秋から冬への美味しい和の暮らし」ワークショップは、うずまき堂と落雁と季節の会 がお送りしました。
まだ編集前ですが、当日の朗読の様子がyoutubeになりました。



そんな うずまき堂 は、2階で「自分好みの贅沢クリーム」も開催。

c0352863_08160825.jpeg

3種の効能の抽出オイルと沢山の香りの組み合わせから、カチコチの踵も滑らかになるクリーム作り。

c0352863_08181830.jpeg

手でモノを作り上げるスタッフにももちろん人気で、2階の一角が秘密の実験場のように。
うずまき堂さんは、毎回季節に合わせて身体に優しい、身体を健やかにするアイテムを教えて下さいます。
来年は何が登場するか、楽しみです。

c0352863_08073122.jpeg

落雁と季節の会 は、いつものように和室と茶室でワイワイと。

c0352863_08233307.jpeg

今回のテーマ「団子浄土」に出てくるモチーフは、何れも季節ごとに使えるもの。
お地蔵さまや来年の干支の酉さんなど、人気でした。

c0352863_08270405.jpeg

今回は飛び込みで、小さな落雁大好きな女の子も参加。
お抹茶も大好きなようで、茶室での体験も興味深くジッと。
小さな頃からこういう体験が出来る一端を担えることは、とても嬉しいです。

1階の一角にも、常に人がゆっくりと手を動かしている場がありました。

c0352863_08301521.jpeg

こうのゆみ 「絹糸で組む羽織紐」ワークショップです。
これからの季節に大活躍な本格的な羽織紐を、組紐ディスクで黙々と組みます。

c0352863_08371485.jpeg

事前に予約すると細やかな好みの色合わせてを叶えてくれるので、羽織紐にピッタリの誂え羽織紐が出来上がり、その場で付け替えて帰る人続出。
皆さんキチッと仕上げてお持ち帰りでした。
じわじわと人気が上がってきてますので、来年もきっと開催かと思います。

「一欅庵 和の暮らし展」は、単なる展示会ではなく、「知りたい」と思うこと、気になることを何がお持ち帰りできるように、来て下さる方も参加して下さるような一日一日を目指しています。
「一欅庵」というかつて暮らしの中心だった場で、昔ながらの暮らしに想いを馳せ、自分の記憶も蘇らせ、
そういえばアレは家にあったな、また使ってみよう
とか、コレを取り入れてみたい、とか、何か暮らしの新しいキッカケになるもの、を記憶だったり、モノだったり、ココに来たことでお持ち帰り出来ることになれば嬉しいです。

長くなりました。
次は会場の様子など、ゆっくりと。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-12-03 11:11 | ご報告 | Comments(0)

〜御伽草子の玉手箱〜 団子浄土 のご報告 2

一欅庵は、昭和8年に建てられた有形文化財の古民家。
きちんと調査が入って、建具から調度品など全て大切に使われています。

c0352863_21053208.jpeg

1階には入ってすぐの脇に、ゆったりとしてソファと暖炉があるモダン洋室もあります。
今回は、洒落水引と一條朋子のガラスが並びました。
ゆっくりとソファに座って、セミオーダーなどのご相談も出来る部屋でした。

c0352863_21205151.jpeg

廊下からお庭の景色も美しく。

c0352863_21211832.jpeg

部屋の中には、光が溢れておりました。

c0352863_21220070.jpeg

2階も部屋に入れば、皆さんゆっくりと作家と相談。

c0352863_21224429.jpeg

あれやこれやと、楽しく話されています。

c0352863_21245013.jpeg

そして、迷う。迷う。迷う。
そんな時間がとっても楽しい^^

c0352863_21232130.jpeg

もちろん、実演もあったり、
c0352863_21233957.jpeg

美しいことへの探求、ワークショップも。

c0352863_21320951.jpeg

一番奥では、美しい着物や帯に溺れ、

c0352863_21324290.jpeg

あーでもない、こーでもない、と楽しいお気に入りを見つける時。

今回も人が途切れることなく、二日間多くの方にご来場頂きました。
ありがとうございます。
少しずつ、私達のマニアックな着物から始まる和のマニアックな世界を楽しんで下さる方が増えてきて、とても嬉しいです。

年2回のゆっくりとしたペースですが、来年もまた気持ちを新たに開催したいと思っております。

c0352863_21401708.jpeg

初日は、1階で記念撮影。

c0352863_21410145.jpeg

二日目は、2階で記念撮影。
また、来年2017年もこの場所でお会いしましょう!

2017年の日程が決まりましたら、こちらのblogなどでお伝えします。
今後のお問い合わせ、DM送付希望は、下記アドレスへお願いします。
→ loverakugan@gmail.com

ありがとうございました。




[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-12-03 11:11 | ご報告 | Comments(0)

一欅庵 和の暮らし展「御伽草子の玉手箱」〜団子浄土〜 ありがとうございました!

11/19・20【一欅庵 和の暮らし展】

無事にお開きとなりました!
両日とも多くの方にお運び頂き、ありがとうございました。
ゆっくりと、一欅庵という建物と手しごとの数々を楽しんで頂けたご感想など早々に頂き、とても嬉しく思っています。
春夏と秋冬、年二回ですが、一欅庵が一番心地よい季節に、また来年もお会いできたらと思っております。

昔からの手しごとを知り、伝え、残すこと。
昔からの手しごとを受け継ぎ今に生かしたモノを世に送り、知って頂くこと。
古いばかりではなく、次に残せるモノを私たちでも作りあげていきたい想いです。

新しい年に向けてオーダーされた皆さま、どうぞお楽しみに。

ゆっくりと着実に、次へ繋げて、また来年へ。
お楽しみに。

先ずは、御礼まで。
写真が上がってきましたら、またご報告させて頂きます。

c0352863_11295148.jpeg

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-11-21 11:11 | ご報告 | Comments(0)

コーヒー落雁とミルク落雁

c0352863_09365974.jpeg

コーヒー落雁とミルク落雁
ヤカンとコーヒーカップにコーヒー豆

『落雁と季節の会』では、落雁という昔から日本で愛されてきて、でも今は???が多い 落雁 という和菓子を通じて、季節のこと、日本の行事、味やカタチ、昔から伝わることを盛り込んでお伝えするワークショップを主体に活動しています。

9月秋分の日、カフェの10周年お祝いマーケットでは、カフェに因んだ落雁を目の前でお作りして、落雁というお菓子の出来上がる工程や材料のことなどをお伝えしながら、お抹茶と共に楽しんで頂きました。

落雁をあまり知らない小さな男の子が特に食いついて、興味を持ってくれてあたのが印象的でした。

とある幼稚園では、落雁と季節の会 の落雁を食べた子が先生に、
落雁食べたーい!
と言い、その組では一時期、謎の落雁ブームが起こったとか。

そんな小さな子も キニナル落雁。
寒さ深まる秋から冬。
熱々のお茶と共に楽しむのもこの冬、良いのでは?

次回の『落雁と季節の会』のワークショップは、11/19(土)・20(日)
西荻窪の有形文化財の古民家 一欅庵(いっきょあん)で開催。

秋冬の 「一欅庵 和の暮らし展」
そろそろ準備も本格始動です!
どうぞお楽しみに☆



[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-09-25 09:36 | ご報告 | Comments(0)

2016年春夏の一欅庵、ありがとうございました!

c0352863_10120278.jpeg

2016年春夏の 一欅庵*和の暮らし展、ありがとうございました!

c0352863_10130853.jpeg

おかげさまで気持ち良く晴れた二日間。
青々としてきた大きな欅の木の元、色々なカタチの御伽草子の世界、「瑠璃のかんざし」という可愛らしいお話も知って頂くことが出来ました。
芳名ノートに、

➖「瑠璃のかんざし」のお話、とてもすてきでした。
いつか覚えて語りたいです。➖

とご感想を入れて下さり、このイベントが、人と人と、人とモノ、だけではなく、私たちがやりたい、人と暮らし、人と文化という目に見えない部分、地に根付いた部分もちゃんと受け取って下さっていることを感じて嬉しくなりました。

毎回展示の方法など思考錯誤ですが、一欅庵(いっきょあん)という建物が全てを語ってくれる場所で皆様にお会い出来ること、有り難い限りです。

次回は、秋冬。
少し空きますが、11/19(土)・20(日)にまたココで再開出来ますこと、楽しみにしております!
次はどんな御伽草子をお伝え出来るか、どうぞお楽しみに。

皆々様、ありがとうございました^^

c0352863_10133679.jpeg

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-04-12 10:10 | ご報告 | Comments(0)

11/21・22 奥村家住宅 和の暮らし展 ご報告

今年は滋賀県は近江八幡の古民家の蔵座敷へも「遠足 和の暮らし展」を開催しました!
秋晴れ、紅葉もちょうど良いこの季節、美しものも沢山な関西での開催は、とてもとてもリフレッシュも出来た修学旅行のような二日間でしたっ。

c0352863_02310498.jpg
奥村家住宅は、着物問屋建物。

c0352863_02314238.jpg

母屋があり、おくどさんの前を通ると蔵座敷があります。
昔は馴染みになるほど、「みせ」といわれる店先の上がりから、徐々に奥へ案内されたとか。
母屋から中庭を通っての蔵座敷への道筋は、とても特別感あるもの。

c0352863_02321141.jpg

今回も良いお天気でしたので、母屋で開催の「落雁と季節の会」への通り道でもありました。

c0352863_03085663.jpg
蔵座敷の入口には、お馴染みとなりました「青い鳥」が舞う手ぬぐい暖簾。

c0352863_02341645.jpg
2階に常時ある上質なビンテージ着物や帯に各作家の小物類を合わせてのコーディネート大会も!

c0352863_03115193.jpg
熱心に技法などを尋ねるお客様の姿もありました。

c0352863_03315678.jpg
母屋では、「落雁と季節の会」のワークショップも(作る・包む・味わう)フルコースを。

c0352863_03091553.jpg
縁側でお昼ご飯に、お近くの尾賀商店 すいらん さんに作って頂いたおにぎりを楽しみ、

c0352863_03201181.jpg
夜はお客様との懇親会。
c0352863_03091296.jpg
c0352863_03235347.jpg
同じく すいらん さんの地のご馳走に、

c0352863_03254753.jpg
地のお酒を火鉢でお燗したり。

c0352863_03262145.jpg
ちょうどお誕生日だった洒落水引 加寿美さんのお誕生も御祝い。

c0352863_03333406.jpg
素敵な近江八幡という場所で、「和の暮らし展」を開催できました。
お越しくださいました皆様、お手伝いくださった皆様、ありがとうございました!
また、機会をみつけて戻ってこられたらいいな、と思っています^^


[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-12-11 11:11 | ご報告 | Comments(0)

10/23・24 一欅庵 和の暮らし展 ご報告

c0352863_11325496.jpeg

季節の変わりは、本当に早くて。
気持ちの良いお天気に恵まれた10月に、秋冬の一欅庵を楽しみました。
床には、秋の恵みを飾り付け。
各作家さんのところも、秋の恵み、秋の楽しみ、そして冬に嬉しいアイテムが並んでおりました!

c0352863_11400280.jpeg

2階の一番奥は、うずまき堂 さん。
森のリスやクリスマスツリーのキャンドルや石鹸がキラキラと。
美肌に最適な石けんもワークショップも人気でした!

c0352863_11463662.jpeg

お隣は、一閑張りの徳永さん。
新作、沢山。
春のお声から生まれた新しいカタチもお目見得してましたよー。

c0352863_20564951.jpeg

人気のブローチ、帯留類はもちろん、今回は簪も充実していたBISOUさん!
ファンが続々と増えておりますっ。

c0352863_20581892.jpeg

帯留などの装身具はもちろん、温かな飲み物にぴったりなグラス類も人気の一條朋子さん。
今回、茶席では新作の蓋置もお目見得してました!

c0352863_21332949.jpeg

アトリエNOBUは、秋の実りやクリスマス、そして干支ものが大充実で、目移りしました!
今回も縁側窓際で実演して下さいましたっ。
太陽サンサン。
気持ちいい二日間でした!

c0352863_21041771.jpeg

いつも人気な 和キッチュ&富士商会!
着物の便利小物から新作半衿までモリモリっと。
ベトナム手刺繍にミシン刺繍も加わって益々充実でした。

c0352863_21342380.jpeg

今回も色とりどり、カードや柄足袋が溢れていた meku 桐子さん。
お手紙が送りたくなる季節色が素敵でした!

c0352863_21402544.jpeg

二階への階段を上がった先には、こんな魅惑が溢れておりました。
皆さま、お気に入りに出会えましたでしょうか?

c0352863_21420328.jpeg

1階では、組紐作家の向野さんが、今回は羽織紐のワークショップも開催。
人気の組紐鼻緒と共に、今回はアトリエ翔さんの染物も帯〆とコーデで帯揚や帯などが並んでおりました!

c0352863_07033754.jpeg

お隣と洋間では、恒例の野庵の状態の良いお着物や帯、小物類がズラリと。

c0352863_07051817.jpeg

今回は来て下さるお客様が着物だけではなくて、和のコトモノに興味を持ち、検索して来てくださる方がふえたので、急遽、ご感想や次回のお知らせをご希望の方への書き込みBOXを作りました!

c0352863_07074658.jpeg

次回からも片隅に置いておきますので、ぜひ、感想などもお寄せ下さいませ!

c0352863_07130694.jpeg

1階の奥では、落雁と季節の会のワークショップが連日。
秋らしい森の景色が生まれてました。

c0352863_07141820.jpeg

秋の二日間、こんなメンバーでわきゃきゃきゃきゃ♪と楽しませて頂きました。
アトリエNOBU(彫金)一條朋子(ガラス)向野由美(組紐)洒落水引(水引細工)徳永幸代(一閑張り)BISOU(自然素材アクセサリー)姫コ&野庵(つまみ細工と着物と和小物)和のキッチュ&富士商会(ベトナム手刺繍とミシン刺繍の和小物)落雁と季節の会(季節を伝える落雁ワークショップ)

イベントは、まず自分たちが楽しむこと!
それが、お客様にも伝わり、引き寄せて下さると思っています。

来年もまた、この一欅庵にて、和のコト、手仕事のコトをキチンと伝える事が出来たら…と思っております!
2016年は…
春夏 4/9(土)10(日)
秋冬 11/19(土)20(日)
どんな趣向、テーマでお伝えしようか、楽しみに画策しています!
土日開催になりますので、今からぜひ、ご予定下さいませ。

来年もまた、一欅庵 和の暮らし展 をどうぞよろしくお願い致します。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-11-18 11:30 | ご報告 | Comments(0)

2015/0424/25【一欅庵 和の暮らし展 春告鳥、来たる】ご報告

c0352863_22195090.jpg
お天気に恵まれた2015年最初の 一欅庵 和の暮らし展。
去年は春夏秋冬の4回を開催しましたが、季節先取りの年4回は何かと合わせるのが難しく、
今年は古民家である一欅庵が一番気持ちがいい春夏、秋冬の2回開催となりました。
今年もゆるゆると、この場で開催出来ることに感謝です。

c0352863_12001301.jpg
まずは、こちらの暖簾をくぐって、お2階へ。

c0352863_23034203.jpg
緩やかに、盛り上がっています^^

c0352863_22375802.jpg
2階へ入ってすぐは、去年後半から参加であっという間に人気になった meku 石川桐子 さんのブース。
今回も気合いの入ったステーショナリーや柄足袋に皆さん釘付けでした!

c0352863_22380540.jpg
新作は、足袋と下駄が一体のデザインになったこちら。
ジワジワと人気の地下足袋と共に、秋冬にもまたきっと素敵なモノが御目見得するでしょう!

c0352863_22491172.jpg
お隣は、今回初参加の BISOU 尾崎恵 さん。
大阪で代々続く珊瑚や象牙の細工を作られている工房の水牛の角やボーンで柔らかな絵本のような世界を表現されています。
都内ではお取り扱いもないですが、密かなファンの方はとても多く、連日、待ってました!のお客様が大勢いらしてくださいました。

c0352863_23105656.jpg
小さな帯留から、ブローチ、指輪など。
新作アイテムは、簪。
秋冬も大阪からはせ参じて下さるので、春夏に出会えなかった方、ぜひ。

c0352863_23032829.jpg
今、百貨店などの催事でも引っ張りだこの 洒落水引 萩原加寿美 さん。
夏に向けての爽やかな色目がたくさん出ておりました。

c0352863_23031155.jpg
カラフルなイヤークリップやコームなどの新作も目を引いておりました。

c0352863_23111969.jpg
こちらも催事に引っ張りだこの アトリエNOBU 芝原伸子 さん。
今回も実演してくださいましたよっ。

c0352863_23082368.jpg
細やかに彫られた 新作のバルーンがとても人気でした。

c0352863_23135277.jpg
毎回、キュートな柄石けんが人気の うずまき堂 鈴木万由香 さん。

c0352863_23134623.jpg
今回のワークショップは、2種のハーブ石けん作り!
人気の石けんワークショップがココ一欅庵でも開催でした。
ここでうずまき堂さんに出会って、石けんワークショップへ通われる方の多いこと。
肌に本当に気持ちいい石けんです。
秋冬のワークショップもどうぞお楽しみに☆

c0352863_23201916.jpg
今回から初参加の 組紐 向野由美 さん。

c0352863_23192491.jpg
去年も和キッチュブースにコラボで作品があったりと、着物を着る方には密かな人気の組紐作家さんです。
綺麗色の三分紐や細やかな配色の帯〆などなど。

c0352863_23190905.jpg
他にはないデザイン性の組紐の鼻緒も、台を選んで自分だけの一足が出来るとあって人気でした!

c0352863_23382513.jpg
今年のペタコさん のブースはひと味違いました!
2月に設立した 富士商会 のお披露目。
c0352863_23233195.jpg
いつもの和キッチュとはまた違い、ペタコさんのミシンワークの小物たちが並んでおりました!
これから益々楽しみです。

c0352863_23401968.jpg
一番奥には、今回初登場の 一閑張り 徳永幸代 さん。
自ら竹を切ってひごを作り、籠を編み、和紙を貼る、一閑張りの工程をすべて独自に手仕事され、バッグなどに仕立ててらっしゃいます。

c0352863_23402299.jpg
細やかに細部まで気を遣って作られているバッグは、民芸調ではなく、オトナの女性にぴったりのもの。
じっくりとお気に入りを探してらっしゃる方の姿が印象的でした。

c0352863_00303640.jpg
毎回、上質なリサイクルやビンテージの着物や帯が人気の 野庵。
今年は1階のお部屋になります。

c0352863_00304292.jpg
作家の新作小物のお披露目&オーダー会も。

c0352863_00305198.jpg
恒例の つまみ細工 姫コ さんの新作お披露目も並んでおりました。
姫コさんの大作はココでしか見られない!とあって、今回もファンの方が大勢^^

c0352863_00334702.jpg
そして、落雁と季節の会 も春告鳥のワークショップで盛り上がっておりました!
こちらの詳細は、落雁と季節の会blogにて。

c0352863_00361229.jpg
2階から望むお庭は、夏前のカラフルな花季節。

c0352863_00365509.jpg
忘れてはならない、一欅庵ならではの 何処かにカエル。

春夏の回は、賑々しくお開きとなりました。
お越し下さった皆様、ありがとうございました!

c0352863_14121754.jpg
賑々しく今回のメンバー。

次回は、秋冬の季節を楽しむ一欅庵。
ただ今ギュギュっと内容を詰めております。
どうぞ10月をお楽しみになさってくださいませ。
参加作家も多少入れ替わります。

▼ 一欅庵 和の暮らし展
醸成月*初霜月:10/23(金)24(土)


また、今年は中部、関西方面の皆様にも楽しんで頂きたく、和の暮らし展 遠足編 があります☆

遠足編 in 近江八幡 奥村邸:11/21(土)22(日)

合わせて秋のスケジュールに入れてくださいね。

c0352863_00460028.jpg
さて、今回は作ったオリジナルの手ぬぐいを改めてご紹介します!
あんな感じ、こんな感じと夢と野望をペタコさんが見事にデザイン。
今年の吉祥色でもある蒼、気持ちいい爽やかなそしてちょっとノスタルジックな雰囲気も入った新橋色に染めました。
c0352863_12570879.jpg
天地左右、どう見ても、どう畳んでも幸せな青い鳥、春告鳥に出会えます。

c0352863_12512556.jpg
そして、オリジナルのミシン刺繍のエンブレム入り。
瓢箪の中には、楽しい雁(鳥)
「壺中日月長 こちゅう じつげつ ながし」というように、
一欅庵で繰り広げられる別世界は、のんびりとしたいつもとは違う時間が流れている、そんな意味も込められています。

c0352863_22361011.jpg
1枚1500円。
数量限定のレアアイテムです。
通販もお受け致します。
こちらのアドレス(loverakugan@gmail.com)まで、
件名に「手ぬぐい」と入れて
お名前、送り先、連絡先電話番号、メールアドレス、ご希望枚数
をお書き添えの上、ご連絡くださいませ。
折り返し、振込先などをご連絡致します。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-06-11 11:11 | ご報告 | Comments(0)

2014年【冬を楽しむ、冬を包む】ご報告

c0352863_02024732.jpg
10/24・25 秋晴れの気持ちがいい二日間、今年最後の「一欅庵 和の暮らし展」を開催致しました!
ご来場下さいました皆様、ありがとうございました☆
秋晴れですが、季節先取りのこの展、各部屋には一足早く冬のおしたくにぴったりの作品が並びました(#^.^#)

c0352863_02025090.jpg
1Fの暖炉ある洋間には、天使たちが並ぶ一條朋子コーナー。
すでに気分はクリスマスですょ☆

c0352863_02025753.jpg
夏から人気のビール帯留やちょうど季節のハロウィンかんざしなどなど、
乙女心をわしづかみにされておりました!

c0352863_02030129.jpg
今回の新作茶道具は、振り出し。
小さな霰落雁を詰めてお出ししました。

c0352863_02030494.jpg
帽子を被った雪んこの他に、雫のこも^^

c0352863_02030876.jpg
お隣は、和キッチュコーナー。
秋から冬にかけて活躍の新作柄や新色などなど。

c0352863_02031172.jpg
四季の帯留&三分紐も出揃いました!

c0352863_02031433.jpg
1Fの和室では、色とりどりの石けんが並び、癒しの香りを漂わせていたうずまき堂コーナー。

c0352863_02032086.jpg
人が人を呼び、とても人気だったバスボム作りのワークショップ!

c0352863_02032646.jpg
お菓子を作っているようでもあり、実験をしているようでもあり、楽しい♪
早速夜のお風呂で楽しみ、翌日また来られる方もいらっしゃるほど。

そして、お二階に上がると、

c0352863_02033695.jpg
お正月準備も (#^.^#)
確かな水引の技から展開されている洒落水引コーナー。

c0352863_02033937.jpg
9月に作品提供されて発売になった水引の本 はじめての水引細工(成美堂出版)も手に取ることが出来ました!

c0352863_02034224.jpg
そしてお隣は、meku 石川桐子コーナー。
今回も個性的な足袋、美しい封筒類のほかに、目を惹く帯も!

c0352863_02034413.jpg
地下足袋などもあり、個性的なアイテムがどんどん増えておりました!

c0352863_02034755.jpg
奥の座敷では、処狭しと並んだ帯や着物に、女子達がキャッキャッ言いながら物色。
野庵コーナーの上質なビンテージ着物は、風呂敷持参で皆様熱心に掘り出していましたよー。

c0352863_02034959.jpg
一番奥の床の間は、創造つまみ簪 姫ココーナー。
大作が間近で見られるとあって、ファン来場多し!

c0352863_00251577.jpg
1Fの和室では、「落雁と季節の会」のワークショップも連日満席でした。

c0352863_00270090.jpg
雪兎が潜む大きな瓢箪、雪の結晶に雪の粒。

c0352863_00222295.jpg
最後は茶室にて、一服味わって頂きました。
詳しくは、落雁と季節の会 ご報告blog をご覧くださいませ。

春夏秋冬と開催して、この10月が一番古民家にとっても気持ちのいい季節で、
多くのお客様に楽しんで頂きました。
本当にありがとうございました!
他のイベントや展示会とは違い、かなりディープな世界を繰り広げておりましたが、
徐々に皆さん勝手を知って頂けたようで、来年のお問い合わせも既に多く頂戴しています。
来年もまた、もっと快適に色々楽しんで頂けます様に、これから作戦会議っ。

c0352863_02035278.jpg
味わい深い調度品が揃い、隅々まで清められた昭和の邸宅 一欅庵という特別な場で皆様と集えますこと、
何より、この一欅庵の辻さまご家族のあたたかいご厚意とサポート、場にとても助けられて、
春夏秋冬を過ごすことが出来ました。
感謝でいっぱいです。
皆さん、とても笑顔で楽しんで頂ける場所、一欅庵。
また来年もココで皆様とお会い出来たら、とても嬉しいです☆

c0352863_02035504.jpg
新(あら)たまの年に向けてのお支度品、今しばらくお届け出来るまでお待ちくださいね。
ありがとうございました!


[PR]



by wa-no-kurashi | 2014-11-11 11:11 | ご報告 | Comments(0)

西荻窪の有形文化財の建物 一欅庵(いっきょあん)にて、春夏秋冬、和の暮らし、手仕事を伝える【一欅庵 和の暮らし展】の公式blogです。
by wa-no-kurashi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お気に入りブログ

最新のコメント

「11/24 きもの講座..
by wa-no-kurashi at 10:23

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル