一欅庵(いっきょあん)和の暮らし展

カテゴリ:参加作家( 80 )




【meku 石川桐子】新作の下駄などお持ちします!

c0352863_22044448.jpg

皆様こんにちは。mekuです。
朝晩は少し肌寒くなり、本格的な秋を感じる季節になりました。
今週末の23日(金)、24日(土)は西荻の一欅庵にて『和のくらし展』に参加いたします。
ステーショナリー、柄足袋、下駄など新作を揃えて皆様のお越しをお待ちしております。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-10-19 22:04 | 参加作家 | Comments(0)

【うずまき堂】お題に合わせて…

c0352863_21240132.jpg

今回の「和の暮らし展」のお題は

アキツゲル
リスモヨロコブ
フユジタク

うずまき堂もこんなキャンドルを作りました。
一欅庵 2階奥和室にて、お待ちしております!

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-10-18 21:23 | 参加作家 | Comments(0)

【うずまき堂】Slow Bathのススメ

c0352863_23035995.jpg
秋の夜長…。

たまには電気を消して、ろうそくの灯りのなかで、ゆっくりと流れる時間を感じてみませんか?
ろうそくを灯して、ゆったりと湯船に浸かることで疲れの取れ具合が全然違うのです。

体を芯から温めて、こわばった身もココロもほどけてゆくのです。
すっかりリラックスした後には、極上の眠りが待っているはず。

今回の「和の暮らし展」では、
この季節にあうキャンドル
もお目見えしますので、お楽しみに。

「季節の石けん作り」ワークショップへのお申込み中です

今回は秋から冬、そして新年を彩る4つの季節石けんをお持ち帰りいただきます。
・栗羊羹
・紅葉
・雪輪
・松葉
参加費:3000円
材料の準備があるため、21日までにお申込みください。
info@uzumakido.jp

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-10-17 23:05 | 参加作家 | Comments(0)

【ガラス 一條朋子】しまリス モ ヨロコブ フユジタク

c0352863_23004243.jpg

ガラスの一條朋子です

ずいぶん涼しくなってきたので、温かい飲み物が恋しいですよね
耐熱ガラスのマグカップを制作しました
電子レンジも対応で、ミルクをいれてチン♫もオッケー
シマシマでリスのしっぽの様な大きい取っ手が特徴で、持った時に安定感があります
しまリスモヨロコブ フユジタクf^_^;)


その他にも帯留・かんざし・指輪・ピアス・ネックレスなど…

ガラスですが秋冬カラーで登場しますヨ

皆さまにお会い出来るのを、楽しみにしておりまーす。


[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-10-17 23:02 | 参加作家 | Comments(0)

【組紐 向野由美】組紐鼻緒をお持ちします!

c0352863_22571593.jpg
組紐のこうのです。
前回同様、組紐鼻緒を少しだけお持ちします!
今回は素敵な淡い色のお草履の中からお好きな色を合わせて頂けます。
前回、思いがけずアッと言う間に完売してしまいました。
一足も同じ物ははありません。
是非、お出掛けくださいませ。

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-10-17 22:59 | 参加作家 | Comments(0)

【一閑張り】徳永幸代 です。ただ今、新作の肩掛けタイプも制作中!

c0352863_23144379.jpg
春夏に引き続き参加の 徳永幸代 です。
一閑張り(いっかんばり)という技法によって、バッグなどを制作しています。

一閑張りの歴史は古く、竹籠に和紙を貼り重ね、漆や柿渋を塗り、耐久性を持たせたものです。
その技法を独自に発展させて、そのままでは着ることや締めることが出来なくなった着物や帯の古布の状態のいいところを組み合わせて、オリジナルのバッグを制作しています。

栃木県の馬頭町で竹を切り、ひごを作り、籠を編むところから制作しています。
ですので、基本的には籠の大きさも1点もの。
合わせている柄も生地がある分だけで、また合わせる色や内貼りなど、すべて一点一点違う物に仕立てています。

よく「和のデコパージュ」と思われる方が多いようですが、基本的に使っている素材や技法が違います。
実際に見て触って頂くと分かりますが、市販の籠類にはない軽さと繊細さ、デコパージュで使われるようなボンドやニスを使用していないので、素材の良さがそのまま残っている仕上げになります。

科学素材での完全に水を弾くような仕上げには負けますが、漆や柿渋などの昔ながらの自然素材による防水防汚加工になっていますので、使うほどに味が出て、育っていくのが特徴です。
c0352863_23402299.jpg
デコラティブなものから、シンプルなものまで。
出会った着物や帯の昔ながらの手仕事の良さを生かして、仕立てています。
c0352863_23401968.jpg
春には沢山の今までとは違ったお客様にお会いすることが出来、とても楽しかったです。
今回は、その時に頂いたお声を元に、ショルダータイプのバッグも今、制作中です!
初の試みの肩掛けタイプのバッグ。
どうぞお楽しみに!


[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-10-11 11:11 | 参加作家 | Comments(0)

【洒落水引】7千円以上お買い上げの方へプレゼント!

おはようございます!洒落水引の加寿美です。
昨日は晴れているのに雨が降ったりと不安定なお天気で、虹が見えたところもあったそうですね。
そしてここにも虹が。
c0352863_07042374.jpg

人気の帯留は、虹色・空色・新色・春夏向きの色などなど少数精鋭でお待ちしております。
只今追込制作中...


さて、タイトルの通り(ささやかですが)プレゼントキャンペーンのお知らせです!
洒落水引製品を7千円以上お買い上げいただいた方へ、小さな髪飾りをプレゼントいたします。
c0352863_07041904.jpg
ヘアスタイルを問わず使っていただけるヘアピン。
帯留やピアスとオソロイにするのもオススメです。

※税込み価格で7千円以上の場合に適用されます。
※和の暮らし展2015春夏の二日間・洒落水引ブース内でのお買い上げに限ります。
※ヘアピンは普通に販売もしているので、数に限りがございます。
※ヘアピンのお色はあるものの中からお選びいただけますが、早い者勝ちです。


ぜひぜひ、お待ちしております!

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-04-23 07:07 | 参加作家 | Comments(0)

【meku】

mekuです。

mekuの“めく”とは語尾につけることでものごとの感じがはっきりしたり、
より“らしく”見えてくる言葉です。
日々の生活の中の様々な感情や感覚をハンドペイントで表現することにこだわっています。
封筒から足袋、地下足袋、履物、布ものなどハンドペイントを身近なものとして楽しんで頂ければ、、と思っております。
一欅庵で皆様にお目にかかれることを楽しみにしております。

c0352863_00560845.jpg
















c0352863_00555332.jpg
















c0352863_00552814.jpg

[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-04-15 01:09 | 参加作家 | Comments(0)

【洒落水引】髪飾り・耳飾り

こんにちは。洒落水引の加寿美です。
水引を使って帯留やアクセサリーを制作しています。
今回は、様々なタイプのお花をお持ちする予定です。

▼こちらは、バレッタやヘアクリップなどの髪飾り。
c0352863_23541820.jpg
c0352863_23550054.jpg
c0352863_23550017.jpg
c0352863_23550019.jpg

▼さり気なく使いやすい耳飾り。
ピアス・イヤリング・イヤーカフなど、一点もの中心です。
c0352863_23550465.jpg

▼こちらは、鋭意製作中のお花たち。
何に仕上がるかは、当日のお楽しみに...
c0352863_23544303.jpg

上質な国産水引特有の、艶のある質感と色合いの美しさ。
そして軽さやサイズ感など。
ぜひお手にとってご覧いただきたいと思います。



[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-04-13 00:09 | 参加作家 | Comments(0)

徳永幸代 / 一閑張り

竹籠に和紙を貼り重ね、柿渋や漆をかけて仕上げる一閑張りの手法。
ご存じでしょうか?
ちょっと昔のおうちには、菓子器などでお煎餅が乗っていたりした籠の凸凹した網目を感じる紙貼りの器など、
記憶にある方もいらっしゃるかと思います。

10年ほど前から、その手法を独自に発展させて、主にバッグに仕立てられている徳永幸代さん。

一閑張りの由来や歴史は直接お聞きして頂くとして…

栃木の馬頭町(ばとうまち)で自ら竹を切り、ひごを作り、籠を編む。
世界遺産にもなった細川紙の地元小川和紙を貼り、柿渋や漆をかけ重ねる。
大切に使われてそのままでは着ることが叶わなくなった着物や帯の良い部分を配置し、
こだわりの生地の柔らかな持
ち手を付ける。

工程の最初からすべて手を掛けて作られています。

外も内もオトナの女性が持って民芸調にならない絶妙なバランスの仕上げは、
デザインを学び、デザイン事務所に勤
め、
能面を彫ったり、吊るし雛を作られたり、多くの手業
と感性ならではの仕上がりです。

軽くて耐久性抜群なこだわりの一点物のバッグたちをぜひご覧下さい。

c0352863_14360280.jpg
私物のふたつ。

c0352863_14380256.jpg
両面こだわりの生地配置。

c0352863_14385402.jpg
内も手描きの福絵や染め紙、昔の大福帳や謡曲の楽譜など。

c0352863_14394608.jpg
テカリが少ないので、民芸調にはなりません。

c0352863_14400387.jpg
籠から編むので、着物に合わせやすい横長やA4が入る大きさなど、色々な大きさがあります。

c0352863_14412207.jpg
編み目の陰翳を生かした2015年の新作。

c0352863_14423865.jpg
「一欅庵 和の暮らし展」DM掲載作品。

伊勢丹などのデパートにも時折出られていますが、
渾身を込めて作られているので、展示会も数少ないです。

当日は、2Fの和室にてお待ちしておりますので、ぜひ^^
[PR]



by wa-no-kurashi | 2015-04-11 14:43 | 参加作家 | Comments(0)

西荻窪の有形文化財の建物 一欅庵(いっきょあん)にて、春夏秋冬、和の暮らし、手仕事を伝える【一欅庵 和の暮らし展】の公式blogです。
by wa-no-kurashi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル