一欅庵(いっきょあん)和の暮らし展

【向野由美】組紐

c0352863_11161029.jpeg

向野由美さん。
手組紐の制作者で、その色や形のかわいらしさにはファンが多い作家さんです。
彼女は新しいことに取り組む柔軟性のある人で、鳴海彩詠さん所有のおばあさまから譲り受けた昔の帯留の紐を新しくしたいと相談されたときも実に根気よく作りました。
細い手組の二分紐は、今やとても珍しく作るのも大変な帯締です。
薄くするために糸の分量を少なくして組んでいきます。
やってもやっても進まないのだとか。
組む間、気持ちの揺らぎや手加減などは常に一定のリズムを保つことが必要です。
そうしないと最初と最後の糸の組具合も調子が変わってしまうのです。

向野由美さんは契約しているお店などを持たず、縁あった人だけが入手可能。
彼女が参加する「一欅庵*和の暮らし展」は、その貴重なチャンスです。

使ってみてわかる締め具合と、ほどくとはらりと解ける気持ちの良さ。長く愛用していただける帯締です。

c0352863_11165760.jpeg

4月9日(土曜)と10日(日曜)は、
その向野由美さんのワークショップがあります。
写真の様なビーズを組み込んだ素敵な根付けを作ります。
一欅庵の2階で、ちゃぶ台を囲んで、庭を眺めながらのんびりと
作ってみませんか?適度に手を動かしおしゃべりするのって
忙しい日々の中でちょっと忘れている作業ですよね。
羽織紐が出来上がる頃には、きっと頭も心も
スッキリしていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今回のテーマ「瑠璃のかんざし」で
彼女が作ったのは写真の様な青い帯締です。

c0352863_11171958.jpeg

いくつか由実さんに質問してみました。

(Q)今回の御伽草子*瑠璃のかんざしというテーマなのですが
  作品の創作にあたってなにかインスピレーションを
  うけましたか?

 (由実)そうですね、深い海の底で見つけた
   妖精のような桜貝・・・。
   澄んだ海のような瑠璃色にお話に登場する桜貝を
   イメージして、御伽草子を紐解くように
   ピンク色からベージュ色へと変化をつけています。
   琴路(ことじ)という組み方で仕上げました。
   琴路は和楽器にちなんだ形で琴柱の形を表しています。

帯締の長さは160センチ。
素材は絹。
価格は10,000円(税込)です。

(Q)皆さんに何かひとことを♪

 (由実)持っている着物はおさがりばかりで、
   十分オバサンな私でも、小物を変える事で
   脱オバサン着物を目指してます。(^^)
   綺麗な色で可愛い過ぎず、もしかしたら
   自分にしかわからないポイントがあったり…と
   ウキウキするような小物作りをしています。

   今回は大好きなアトリエ翔さんの、
   綺麗な色で可愛い帯揚げも並びます。
   一欅庵(いっきょあん)でお待ちしています♪

c0352863_11175871.jpeg

由美さんに最初に出会ったのは、blogで紹介されていたこの小桜組の帯締めでした。
ワガママを言って組んで貰っても以来、徐々に作家としてとある毎に引っ張りだしています。
以来、ファンは増え続けていますが、ご自分のペースを崩さずに、顔を合わせることが出来る方にのみ、手にとって頂いています。
絶妙な組の緩みが、締めた時にピタッくる。
帯締めは、正に帯を締め支えるもの。
ココがピシッと決まると、着姿も安心します。
着物を着始めた人ほど、帯締めは1本良いものをぜひ持って頂きたいと思います。(彩え

[PR]



by wa-no-kurashi | 2016-03-17 11:10 | 参加作家 | Comments(0)

西荻窪の有形文化財の建物 一欅庵(いっきょあん)にて、春夏秋冬、和の暮らし、手仕事を伝える【一欅庵 和の暮らし展】の公式blogです。
by wa-no-kurashi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venusco..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧